抜かない歯科矯正

歯科矯正のメリットを知る

非抜歯の矯正歯科が増えています

歯科矯正は、歯を抜いてから、ワイヤーの装置を付けるものというイメージがあります。抜歯は体に負担になりますし、痛みの心配もあります。そこで、最近では非抜歯といって、歯を抜かないで治療をするという方法が増えています。歯科矯正の中にも、治療の方法はたくさんあります。患者さんのお口の状態や歯並びに合わせて、最善の選択をすることで、治療期間も短くなり、患者さん自身の負担も軽減することができます。ただ、非抜歯がいいと言っても、お口の中にスペースがないなどの問題で、抜かなければ治療ができないこともあるので注意しましょう。

歯列矯正のメリットについて

以前に比べると矯正歯科を訪れ歯列矯正をする人が増えてきつつあります。歯並びや出っ歯などをワイヤー等で作られた装置を装着し、時間をかけて少しずつ歯のあるべき位置に動かしていくというものです。ほとんどは自由診療となり高額な治療費がかかるのですが、それに勝るメリットもあるようです。先ず審美的な意味で、見た目がよくなり、劣等感などの心理面でよい影響がでてきます。人が歯を失う原因で一番多いのは歯周病と言われていますが、歯並びが悪いと歯科で定期健診をうけていてもプラークコントロールがしにくく、歯周病や虫歯になりやすいのです。歯並びをきれいにすることでこのリスクを減らすこともできます。そのほかにも咀嚼の能力が上がったり、発音がきれいになるということが挙げられます。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 歯科で矯正を受ける時は All rights reserved