歯科矯正の期間とは

短期間で出来る歯科矯正

歯列矯正の期間を短くしたい

歯列矯正には全体的に治療する方法と部分的に治療する方法に分かれ、部分的にすると治療の期間を短くすることが可能になっています。まずは歯科を受診し、部分的な治療が出来る歯並びかどうかなどの診察を受けることが必要ですが、歯並びの状態によっては全体的な治療を行わなければならないので、注意しましょう。最初から部分的な歯列矯正をすると決めて歯科に行くと、出来なかった時のダメージが大きいので、どちらの治療方法が自分に合っているのかはプロの判断に任せることが大切です。部分的な治療は治療期間を短くし治療費も安くなる傾向にありますが、全体的な嚙み合わせを治すことが出来ないというようなデメリットも存在するので、よく相談しベストな治療方法を選択しましょう。

歯並びが悪い時の矯正治療

歯並びに自信が無く、見た目も悪いと感じていて、治したいと思っている人には、歯科の矯正治療があります。普通の矯正は、ワイヤーで歯を固定して行くもので、段々と治して行く治療で、期間も掛りますが、一番一般的な治し方です。最近では、治療中のワイヤーの見栄えがわるいという事で、透明なマウスピース型のもあり、自分で脱着が出来る物をあるのです。また歯の裏側に固定をする物もあり、表からは見えにくいと評判も良いのです。歯並びの治し方は自分で選ぶ事が出来るので、歯科に行ってから相談の上で決める事が大切になります。価格はそれぞれ違いますので、検討してから治療を始めるのが良い方法です。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 歯科で矯正を受ける時は All rights reserved