歯科矯正は遅くない

大人でも出来る歯科矯正とは

大人が歯列矯正をする場合

歯列矯正というと小学5年生程度の子どもがやる治療だと思われがちですが、大人も可能な治療方法です。まずは全体的な治療なのか部分的な治療なのかを相談することになりますが、成長段階の子どもとは異なり、成長が止まった大人の歯列矯正は痛みを強く感じる場合があります。その時は歯科で相談し痛み止めなどを処方してもらうと良いので、痛みを我慢し治療を途中で終わらせてしまうのは止めましょう。また歯周病に感染したり進行している可能性も高いので、進行しないように正しい歯磨きやデンタルフロスの使用は最も重要になります。歯科との相談を密接に行うことで痛みの様な治療に関する悩みを改善し、安心して治療できる環境を整えることが大切です。

矯正治療をする前に相談

矯正歯科を利用する際には多くは自由診療となるケースが多く、費用が高額になる事がほとんどです。また一つの症例でも複数の治療方法がある為、自分の納得のいく治療方法を提案してくれる矯正歯科を選ぶ事が満足いく結果に繋がるでしょう。多くは無料相談という形で治療前に歯の状態を見て、費用や治療方法を提示してくれる所がほとんどでしょう。治療方針においては医師の得意とする治療方法を勧めてくる事も多く、必ずしもこのやり方だけでないという事を知っておけば、自分と合う医師と出会う事が出来るでしょう。インフォームドコンセプトを推奨している所が多いので、複数の専門家から話を聞く事で自分自身の考え方も変わるでしょう。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 歯科で矯正を受ける時は All rights reserved